一般情報
ホスピス・緩和ケア
従事者への情報
財団紹介
財団へのアクセス
事業活動について

訪問者数 :
昨日 :
本日 :
(2011年7月1日~)
ホスピス・緩和ケア白書

ホスピス緩和ケア白書2020


     
ホスピス・緩和ケア白書2021


「ホスピス緩和ケア白書 2020」は
2014年度版より、青海社が発行元となり、一般の書店で販売されます。
(ホスピス財団賛助会員の皆様には従来通り、無償配布いたします)

特集:心不全の緩和ケア─心不全パンデミックに備えて
発売日:2020年 3月30日
発売元:青海社
編集協力:(公財)日本ホスピス・緩和ケア研究振興財団
定価:本体3000円(+税)





■目次■
第Ⅰ部 がんのリハビリテーション
 ─緩和ケア主体の時期を中心に
  1. わが国におけるがんのリハビリテーションの現状
    A. 診療・教育・研究の動向と今後の課題 辻 哲也
    B. 緩和ケア病棟におけるリハビリテーションの
    現状と課題
高島 千敬
    C. 緩和ケアにおけるがんのリハビリテーションの
    実施状況と今後の課題
岡村 仁
  2. 緩和ケア主体の時期のリハビリテーションを充実させるために
    A. 医師からの視点
      1)リハビリテーション科医の立場から 宮田 知恵子
      2)緩和ケア専門医の立場から 関根 龍一
    B. 理学療法士からの視点 矢木 健太郎
    C. 作業療法士からの視点 田尻 寿子
    D. 言語聴覚士からの視点 安藤 牧子
    E. 心理職からの視点 栗原 幸江
  3. 各施設におけるがんのリハビリテーションの工夫
  ー緩和ケア主体の時期を中心に
    A. 病院診療(緩和ケア病棟・ホスピス)
      1)緩和ケア病棟における終末期がん患者の
     ADLとリハビリテーション診療
添田 遼、辻 哲也
      2)当院のリハビリテーション部における
     緩和ケア病棟での取り組み
岡安 健、三宅 智
    B. 在宅診療
      在宅診療におけるがんのリハビリテーション 河原 正典
  4. データでみる日本の緩和ケア主体の時期の
  がんのリハビリテーションー遺族調査からの示唆
長谷川 貴昭、明智 龍男
第Ⅱ部 統計と解説
  1. データでみる日本の緩和ケアの現状 平山 英幸、升川 研人、
宮下 光令
  2. 020年度ホスピス緩和ケア週間 安部 奈津子
  3. 緩和ケア関連の資料