一般情報
ホスピス・緩和ケア
従事者への情報
財団紹介
事業活動について

訪問者数 :
昨日 :
本日 :
(2011年7月1日~)

ホスピス・緩和ケアに関する調査研究報告
2006年度調査研究報告
もくじへ


緩和ケアのための標準カルテ・フォーマットの作成
-緩和ケア実践を支援するための緩和ケアパッケージの開発-


資料

資料3 掲載ツールの詳細【評価/アセスメント】(2007年3月15日現在の情報)


ツール名       出   典
症状評価
[包括的尺度]
MDASI-J: がん患者用の症状評価尺度
Okuyama T, Wang XS, Akechi T, Mendoza TR, Hosaka T, Cleeland CS, et al. Japanese version of the MD Anderson Symptom Inventory: a validation study. Journal of Pain & Symptom Management. 2003; 26(6): 1093-104.
[疼痛に関する尺度]
BPI-J(Short form): 簡易的な疼痛評価用紙(縮小版)
Uki J, Mendoza T, Cleeland CS, Nakamura Y, Takeda F. A brief cancer pain assessment tool in Japanese: the utility of the Japanese Brief Pain Inventory--BPI-J. Journal of Pain & Symptom Management. 1998; 16(6): 364-73.
McGill版疼痛尺度: 疼痛の多次元的評価
小笠原知枝, 渡辺憲子, 岩崎弥生, 他. がん患者の痛みの測定に関する研究 質的評価に基づく測定尺度の開発
McGILL痛み質問紙の信頼性と妥当性の検討. 名古屋大学医療技術短期大学部紀要. 1994; 6: 1-11.
我部山キヨ子. 痛み質問紙の開発 McGill Pain Questionnaire(MPQ)の作成と検証. 看護研究. 1995; 28(2): 133-41.
Wong-Bakerのフェイススケール: 疼痛評価
飯村直子, 楢木野裕美, 二宮啓子, 松林知美, 蝦名美智子, 片田範子, et al. Wong-Bakerのフェイススケールの日本における 妥当性と信頼性. 日本小児看護学会誌. 2002; 11(2): 21-7.
[身体症状に関する尺度]
CAS: 日本語版便秘尺度
(ver.1.0)深井喜代子, 杉田明子, 田中美穂. 日本語版便秘評価尺度の検討. 看護研究. 1995; 28(3): 201-8.
(ver.2.0)深井喜代子, 塚原貴子, 人見裕江. 日本語版便秘評価尺度を用いた高齢者の便秘評価. 看護研究. 1995; 28(3): 209-16.
CDS: がん患者の呼吸困難の評価
Tanaka K, Akechi T, Okuyama T, Nishiwaki Y, Uchitomi Y. Development and validation of the Cancer Dyspnoea Scale: a multidimensional, brief, self-rating scale. British Journal of Cancer. 2000; 82(4): 800-5.
CFS: がん患者の倦怠感の評価
Okuyama T, Akechi T, Kugaya A, Okamura H, Shima Y, Maruguchi M, et al. Development and validation of the cancer fatigue scale: a brief, three-dimensional, self-rating scale for assessment of fatigue in cancer patients. Journal of Pain & Symptom Management. 2000; 19(1): 5-14.
[精神症状に関する尺度]
3MS: 老年期認知症のスクリーニング
浜田賀代子, 古賀直子, 浜田正, 他. 老年期痴呆患者のスクリーニングにおけるThe modified mini-mental state(3MS)examination日本語版の有用性. 老年精神医学雑誌. 1992; 3(4): 425-32.
ADS: 終末期がん患者の不隠(興奮)の評価(過活動型せん妄の評価)
Morita T, Tsunoda J, Inoue S, Chihara S, Oka K. Communication Capacity Scale and Agitation Distress Scale to measure the severity of delirium in terminally ill cancer patients: a validation study. Palliative Medicine. 2001; 15(3): 197-206.
CCS: 終末期がん患者のコミュニケーション能力の評価(低活動型せん妄の評価)
Morita T, Tsunoda J, Inoue S, Chihara S, Oka K. Communication Capacity Scale and Agitation Distress Scale to measure the severity of delirium in terminally ill cancer patients: a validation study. Palliative Medicine. 2001; 15(3): 197-206.
DRS-R-98: 日本語版せん妄評価尺度98年改訂版
TrzepaczPaula T, 岸泰宏, 保坂隆, 吉川栄省, 中村優里. 日本語版せん妄評価尺度98年改訂版. 精神医学. 2001; 43(12): 1365-71.
DRS-J: 看護スタッフ用せん妄評価スケール
町田いづみ, 上出晴奈, 岸泰宏, 保坂隆. 看護スタッフ用せん妄評価スケール(DRS-J)の作成. 総合病院精神医学. 2002; 14(1): 1-8.
DST: せん妄スクリーニングツール
町田いづみ, 青木孝之, 上月清司, 岸泰宏, 保坂隆. せん妄スクリーニング・ツール(DST)の作成. 総合病院精神医学. 2003; 15(2): 150-5.
HADS: 抑うつと不安の測定
Zigmond AS, Snaith RP. The hospital anxiety and depression scale. Acta Psychiatrica Scandinavica. 1983; 67(6): 361-70.
Zigmond AS, Snaith RP, 北村俊則. Hospital anxiety and depression scale(HAD尺度). 季刊 精神科診断学. 1993; 4(3): 371-2."
HDS-R: 改訂長谷川式簡易知能評価スケール
加藤伸司, 下垣光, 小野寺敦志, 植田宏樹, 老川賢三, 池田一彦, et al. 改訂長谷川式簡易知能評価スケール(HDS-R)の作成. 老年精神医学雑誌. 1991; 2(11): 1339-47.
MDAS: せん妄の重症度評価尺度
Matsuoka Y, Miyake Y, Arakaki H, Tanaka K, Saeki T, Yamawaki S. Clinical utility and validation of the Japanese version of Memorial Delirium Assessment Scale in a psychogeriatric inpatient setting. General Hospital Psychiatry. 2001; 23(1): 36-40.
MMS-H: 認知障害のスクリーニング
森悦郎, 三谷洋子, 山鳥重. 神経疾患患者における日本語版 Mini-Mental State テストの有用性. 神経心理学. 1985; 1(2): 82-9.
POMS: 感情プロフィール検査
横山和仁、荒記俊一. 日本版POMS手引. 1994. 金子書房.
横山和仁, 荒記俊一, 川上憲人, 他. POMS(感情プロフィール検査)日本語版の作成と信頼性および妥当性の検討. 日本公衆衛生雑誌. 1990; 37(11): 913-18.
つらさと支障の寒暖計: がん患者の適応障害、うつ病のスクリーニング
Akizuki N, Yamawaki S, Akechi T, Nakano T, Uchitomi Y. Development of an Impact Thermometer for use in combination with the Distress Thermometer as a brief screening tool for adjustment disorders and/or major depression in cancer patients. Journal of Pain & Symptom Management. 2005; 29(1): 91-9.
日本語版NEECHAM混乱・錯乱スケール: せん妄のアセスメントツール
綿貫成明, 酒井郁子, 竹内登美子, 諏訪浩, 樽矢敏広, 一瀬邦弘, et al. 日本語版NEECHAM混乱・錯乱状態スケールの開発及びせん妄のアセスメント. 臨床看護研究の進歩. 2001; 12: 46-63.

QOL
EORTC QLQ-C30: がん患者のQOL評価
Aaronson NK, Ahmedzai S, Bergman B, Bullinger M, Cull A, Duez NJ, et al. The European Organization for Research and Treatment of Cancer QLQ-C30: a quality-of-life instrument for use in international clinical trials in oncology. Journal of the National Cancer Institute. 1993; 85(5): 365-76.
FACT-G: がん患者のQOL評価
Cella DF, Tulsky DS, Gray G, Sarafian B, Linn E, Bonomi A, et al. The Functional Assessment of Cancer Therapy scale: development and validation of the general measure. Journal of Clinical Oncology. 1993; 11(3): 570-9.
FACT-Sp: がん患者のQOLにおけるスピリチュアリティーの評価
野口海, 大野達也, 森田智視, 相原興彦, 辻井博彦, 下妻晃二郎, et al. がん患者に対するFunctional Assessment of Chronic Illness Therapy-Spiritual(FACIT-Sp)日本語版の信頼性・妥当性の検討. 総合病院精神医学. 2004;16(1): 42-8.
IDAS: 症状を含めた全身状態の評価
石黒浩史, 宮森正, 松田豊子, 天杉裕望, 金子早苗, 岡島重考. 病状・日常生活統合スコア(IDA score)を用いた終末期がん患者における症状緩和の予後因子の検討. 死の臨床. 1997; 20(1): 59-63.
MQOL: 終末期患者のQOLの測定
辻川真弓. McGill Quality of Life Questionnaireによる緩和ケア評価に関する研究. 三重看護学誌. 2005; 7: 109-22.
QOL-ACD: がん薬物療法におけるQOL評価
Kurihara M, Shimizu H, Tsuboi K, Kobayashi K, Murakami M, Eguchi K, et al. Development of quality of life questionnaire in Japan: Quality of life assessment of cancer patients receiving chemotherapy. Psycho-Oncology. 1999; 8(4): 355-63.
STAS-J: 包括的な代理評価尺度・オーディットツール
Miyashita M, Matoba K, Sasahara T, Kizawa Y, Maruguchi M, Abe M, et al. Reliability and validity of the Japanese version of the Support Team Assessment Schedule (STAS-J). Palliative & Supportive Care. 2004; 2(4): 379-385.
ケアノート: がん患者用QOL調査票
Kobayashi K, Green J, Shimonagayoshi M, Kanemoto N, Kasai R, Itoh Y, et al. Validation of the care notebook for measuring physical, mental and life well-being of patients with cancer. Quality of Life Research. 2005; 14(4): 1035-43.
質評価
CES: 遺族によるホスピス・緩和ケアの質の評価尺度
Morita T, Hirai, K, Sakaguchi Y, Maeyama E, Tsuneto S, Shima Y. Measuring the quality of structure and process in end-of-life care from the bereaved family perspective. Journal of Pain & Symptom Management. 2004; 27(6): 492-501.
ホスピス緩和ケアの基準と評価指針
日本ホスピス緩和ケア協会:〈http://www.hpcj.org/〉

心理・社会・霊的ケア
末期がん患者のセルフ・エフィカシー尺度: 終末期がん患者の自己効力感の測定
平井啓, 鈴木要子, 恒藤暁, 池永昌之, 茅根義和, 川辺圭一, et al. 末期がん患者のセルフ・エフィカシー尺度作成の試み. 心身医学. 2001; 41(1): 19-27.
SP-CSS スピリチュアル・カンファレンスサマリーシート: 終末期がん患者へのスピリチュアルケアの支援
村田久行, 小澤竹俊. 終末期がん患者へのスピリチュアルケア援助プロセスの研究. 臨床看護. 2004; 30(9): 1450-64.
終末期がん患者のスピリチュアルペイン・アセスメントシート
Tamura K, Ichihara K, Maetaki E, Takayama K, Tanisawa K, Ikenaga M. Development of a spiritual pain assessment sheet for terminal cancer patients: targeting terminal cancer patients admitted to palliative care units in Japan. Palliative & Supportive Care. 2006; 4(2): 179-88.

介護者・家族のケア
BIC: 多次元介護負担感尺度
Miyashita M, Yamaguchi A, Kayama M, Narita Y, Kawada N, Akiyama M, Hagiwara A, Suzukamo Y, Fukuhara S. Validation of the Burden Index of Caregivers (BIC), a multidimensional short care burden scale from Japan. Health and Quality of Life Outcomes. 2006; 4: 52.
J-ZBI: 介護負担感尺度
Arai Y, Kudo K, Hosokawa T, Washio M, Miura H, Hisamichi S. Reliability and validity of the Japanese version of the Zarit Caregiver Burden Interview. Psychiatry and Clinical Neuroscience. 1997; 51(5): 281-7.

その他のツール
[予後予測]
PPI: 終末期がん患者の予後予測
Morita T, Tsunoda J, Inoue S, Chibara S. The Palliative Prognostic Index: a scoring system for survival prediction of terminally ill cancer patients. Supportive Care in Cancer. 1999; 7(3): 128-33.
[倫理]
臨床倫理検討システム: 医療現場における臨床倫理の検討の支援
臨床倫理検討システム開発プロジェクト<http://www.sal.tohoku.ac.jp/phil/CESDP/index-j.html>
[医療者対象]
FATCOD-FormB-J: 死にゆく患者に対する、医療者のケア態度を測定する尺度
中井裕子, 宮下光令, 笹原朋代, 小山友里江, 清水陽一, 河正子. Frommeltのターミナルケア態度尺度 日本語版(FATCOD- B-J)の因子構造と信頼性の検討 ─ 尺度翻訳から一般病院での看護師調査、短縮版の作成まで─. がん看護. 2006; 11(6): 723-9.
一般病棟の看護師のがん終末期ケアに対する困難感尺度
Sasahara T, Miyashita M, Kawa M, Kazuma K. Difficulties encountered by nurses in the care of terminally ill cancer patients in general hospitals in Japan. Palliative Medicine. 2003; 17(6): 520-6.
緩和医療に携わる看護師の患者ケアに対する満足度尺度
岩瀬紫, 森田達也, 笹岡郷子 終末期医療に携わる看護婦の患者ケアに対する満足度. 死の臨床. 2002; 25(1): 70-7.

死生観
臨老式死生観尺度: 日本人の死生観の測定
平井啓, 坂口幸弘, 安部幸志, 森川優子, 柏木哲夫. 死生観に関する研究 死生観尺度の構成と信頼性・妥当性の検証. 死の臨床. 2000; 23(1): 71-6.