一般情報
ホスピス・緩和ケア
従事者への情報
財団紹介
事業活動について

訪問者数 :
昨日 :
本日 :
(2011年7月1日~)
ホスピス・緩和ケア専従医のための自己学習プログラム
■Module6■ 倦怠感と悪液質

〔一般問題〕

問題1 進行がん患者のがん悪液質の病態に関係する記述として適切な組み合わせはどれか
(1) 代謝異常が関与している
(2) ホルモン異常が影響する
(3) 頻度は10~15%である
(4) サイトカインは関与しない
(5) 基礎代謝率が低下しない
 a(1),(2),(3) b(1),(2),(5) c(1),(4),(5)
 d(2),(3),(4) e(3),(4),(5)
 
問題2 進行がん患者に生じた全身倦怠感の原因として最も考えにくいものを1つ挙げよ
(1) 貧血
(2) 高カルシウム血症
(3) 甲状腺機能亢進症
(4) 脱水症
(5) 感染症
 
問題3 進行がん患者の食欲不振への初期対応として最も不適切なものを1つ挙げよ
(1) 高カロリー輸液の開始
(2) 維持輸液の検討
(3) 療養環境の整備
(4) 食欲亢進剤の投与
(5) 詳細なインタビューと診察
 
問題4 進行がん患者の栄養管理における記述として適切なものを3つ選べ
(1) カロリー摂取の大切さを患者・家族に説明し,経口摂取を促す
(2) 輸液はほとんどの末期患者のQOLを向上させるため,強く患者に勧める
(3) 経管栄養は中心静脈栄養に比し,感染症の合併が少ない
(4) 糖尿病患者の血糖管理は比較的緩やかで良い
(5) 食事の内容を患者の嗜好に合わせる
 a(1),(2),(3) b(1),(2),(5) c(1),(4),(5)
 d(2),(3),(4) e(3),(4),(5)
 
問題5 進行がん患者の食欲不振に対する薬物療法として効果が確認されているものの組み合わせは次のうちどれか
(1) コルチコステロイド
(2) メトクロプラミド
(3) プロゲステロン製剤
(4) ドンペリドン
(5) 抗ヒスタミン剤
 a(1),(2),(3) b(1),(2),(5) c(1),(4),(5)
 d(2),(3),(4) e(3),(4),(5)
 
問題6 予後が週単位と考えられる進行がん患者の全身倦怠感を薬物で改善することが困難な時の対応について適切なものを3つ挙げよ
(1) 食べるように励ます
(2) リラクセーションを図る
(3) 浅い鎮静を考慮する
(4) 支持的な傾聴を心がける
(5) 高カロリー輸液を考慮する
 a(1),(2),(3) b(1),(2),(5) c(1),(4),(5)
 d(2),(3),(4) e(3),(4),(5)

〔症例問題〕

〔症例〕
66歳,女性,1年前に発症した幽門部胃がん(well-differentiatedadenocarcinoma).幽門部位切除後,発症時すでに肝転移および腹膜播種がみられた.標準的な化学療法3クールが行われたが,PD(progressivedisease)であり,嘔気,白血球減少などの副作用が強く,患者はそれ以上の化学療法の継続および変更を望まず,2ヵ月前に緩和ケアを選択した.緩和ケアの外来通院中に疼痛や嘔気,便秘,意識障害はみられなかったが,軽度の浮腫および腹水の貯留が中等度あり,フロセミドの内服が行われていた.1週間前の採血の結果では,軽度の低アルブミン血症とHb6.2g/dlの貧血を認めるほか,血液検査データは正常であった.患者は,外来時にあなたに全身倦怠感と食欲不振,不眠を訴えた.
 
問題1 この患者の食欲不振の原因として最も考えやすい組み合わせは次のうちどれか
(1) うつ病,うつ状態の合併
(2) 高カルシウム血症
(3) 貧血
(4) 腸閉塞
(5) 悪液質
 a(1),(2) b(1),(5) c(2),(3) d(3),(4) e(4),(5)
 
問題2 この患者の全身倦怠感の原因として最も考えにくいものはどれか
(1) うつ病,うつ状態の合併
(2) 脱水
(3) 貧血
(4) 高カリウム血症
(5) 低ナトリウム血症
解答・解説解答・解説ダウンロード(PDF)