一般情報
ホスピス・緩和ケア
従事者への情報
財団紹介
事業活動について

訪問者数 :
昨日 :
本日 :
(2011年7月1日~)
ホスピス・緩和ケア専従医のための自己学習プログラム
■まえがき■

ホスピス・緩和ケア病棟および緩和ケアチームの社会的なニーズは,健康保険における診療 報酬設定に伴ってますます高まっている.しかし,緩和ケアを担当する専従医師の人材養成お よび教育はそのようなニーズに応えられる体制はなく,将来,緩和ケアの質の低下を招く可能 性があるといえる.
日本ホスピス緩和ケア協会(旧全国ホスピス・緩和ケア病棟連絡協議会)はホスピス・緩和 ケア多職種教育カリキュラム(付録)を2000年に作成した.このカリキュラムは医師をはじめ ホスピス・緩和ケアに携わる専門職の学習目標を示しているが,実際的な学習方略やプログラ ムは用意されていない.このような現状に鑑み,われわれはホスピス・緩和ケア専従医のため の自己学習プログラムの作成を行った.
この問題集は緩和ケアの専従医師が自ら問題に答え,解説を読み,参考文献を自己学習する ことで基本的な知識を確認し,さらに臨床能力を向上することを目的としている.また,将来, 緩和医療を専門にしたいと考えている医師が,自分の臨床的知識や学習の到達度を評価するこ とにも利用が可能である.この自己学習プログラムを通じて,緩和ケアの専従医師がさらに研 鑽を積み臨床能力と知識の質の向上が得られるのであれば,編著者一同これ以上の喜びはない と考えている.

2006年6月
編著者を代表して 木澤 義之