一般情報
ホスピス・緩和ケア
従事者への情報
財団紹介
事業活動について
ご訪問者数:人目
(2011年7月1日~)


テスト :
テスト昨日 :
テスト本日 :
お知らせの一覧
< 戻る 12 次へ >
2017.03.13
2016年度ホスピス・緩和ケアボランティア研修会の開催報告書ができました。
2016年度ホスピス・緩和ケアボランティア研修会の開催報告書ができました。2016年度は、霞ヶ浦医療センター地域医療研修センター講堂にて開催されました。 →詳細を見る


2016.11.9
ホスピス財団ニュース31号が刊行されました。
ホスピス財団15周年記念講演会に関する記事のほか、2016年度ホスピス・緩和ケアボランティア研修会の記事や各種ホスピス関連情報などを掲載しています。 →詳細を見る


2016.10.21
ホスピス財団の新しいパンフレットが完成しました。
設立15周年を機に、ホスピス財団の新しいパンフレットを制作いたしました。希望されるかたは、ホスピス財団までご連絡ください。 →詳細を見る


2016.6.3
『新たな全人的ケアー医療と教育のパラダイムシフトー』日本語版出版のご案内
ホスピス財団は、この度「Whole Person Care:A New Paradigm for 21Century」(Springer社 2011年)の日本語訳として『新たな全人的ケア:医療と教育のパラダイムシフト』を青海社より全国で発売いたしました。 Whole Person Careとはカナダ、マギル大学医学部で開発された、新しいケアの概念であり、従来の考え方を根本的に変えるアプローチです。是非、ご一読ください。 →詳細を見る


2016.4.6
世界的にも高く評価されている「遺族によるホスピス・緩和ケアの質の評価に関する研究3」(J-HOPE3)が刊行されました。
世界的にも高く評価されている「遺族によるホスピス・緩和ケアの質の評価に関する研究3」(J-HOPE3)が刊行されました。 →詳細を見る


2016.4.14
ホスピス・緩和ケア白書2016が刊行されました。
「緩和ケアにおける緩和デイケア・がん患者サロン・デイホスピス」を特集テーマにホスピス緩和ケア白書2016が完成いたしました →詳細を見る


2016.4.5
第7回グリーフ&ビリーブメント カンファレンスの資料掲載。
死別による悲嘆の研究から臨床実践までを含めた学術交流の場として、1月31日(日)に関西学院大学・大阪梅田キャンパスにて開催されました。各種資料のPDFを掲載しています。 →詳細を見る


2014.12.1
個人賛助会費・一般寄付のオンライン(クレジット決済)について 
個人賛助会費と一般寄付が、ご自宅のパソコンからオンライン(クレジット決済)でも出来るようになりました。 →詳細を見る


2015.10.5
『旅立ちのとき』出版のご案内
旧『旅立ち』が絶版となり、多方面から再販の要望が多く寄せられていましたが、今般『旅立ちのときー寄りそうあなたへのガイドブックー』が新しく制作され、出版の運びとなりました。 →詳細を見る


2013.12.01
当財団の略称表記を「ホスピス財団」に統一いたしました
当財団は従来より「公益財団法人日本ホスピス・緩和ケア研究振興財団」の名称を用いて活動を行って参りましたが、このたび略称を採用し「ホスピス財団」と名称を統一し表記することになりました。それにともない当財団のロゴタイプの表記も新しくなりました。今後とも「ホスピス財団」をよろしくお願い申し上げます。 →詳細を見る



< 戻る 12 次へ >