一般情報
ホスピス・緩和ケア
従事者への情報
財団紹介
事業活動について
ご訪問者数:人目
(2011年7月1日~)


テスト :
テスト昨日 :
テスト本日 :
これからのとき(悲嘆の小冊子)

これからのとき 大切な方を亡くしたあなたへ

■はじめに■

 家族や友人など大切な方を亡くしたとき、人は悲しみという感情だけでなく様々な心と体の変化を経験します。そして、その人がもう存在しないということはもちろんのこと、一緒に過ごした時間をもう二度と取戻すことができないということや、かなえることができなくなった夢を想って心に痛みを感じます。また、日常生活にも多くの変化が起こり、人生がまったく違ったものになってしまったと感じるかもしれません。
 最初はあまりに突然の大きな変化にとまどい、どうしたらよいのか途方にくれてしまうこともあります。しかし、自分の心や体にとって必要なものを振り返ってみることは、今のあなたにとって大切なことです。
 一人ひとりの「悲しみ方」は違います。悲しみの波は日々変化し、少し元気になったかと思うときもあれば、突然大きな悲しみが襲って、あなたを不安にするときもあるかもしれません。それもすべて自然なことなのです。
 この小冊子では、死別後に起こる悲しみの体験をわかりやすく説明しています。これが、あなたの悲しみをやわらげるきっかけになることを願っています。