一般情報
ホスピス・緩和ケア
従事者への情報
財団紹介
財団へのアクセス
事業活動について

訪問者数 :
昨日 :
本日 :
(2011年7月1日~)
ホスピス・緩和ケア白書

ホスピス緩和ケア白書2017


     
ホスピス・緩和ケア白書2017


「ホスピス緩和ケア白書 2017」は
2014年度版より、青海社が発行元となり、一般の書店で販売されます。
(ホスピス財団賛助会員の皆様には従来通り、無償配布いたします)

特集:小児緩和ケアの現状と展望
発売日:2017年4月4日
発売元:青海社
編集協力:(公財)日本ホスピス・緩和ケア研究振興財団
定価:本体2200円(+税)




■目次■
  序文 恒藤  暁
第Ⅰ部 小児緩和ケアの現状と展望
  1. わが国の小児緩和ケアの現状と海外の状況 多田羅 竜平
  2. 小児緩和ケアの現状と展望
    A. 大学病院(小児がん拠点病院)における緩和ケア 杉下 美保子
    B. 小児病院における緩和ケア 天野 功二
    C. がんセンターにおけるAYA(思春期・若年成人)世代
    がん患者への緩和ケア
里見 絵理子
    D. 小児患者に対する専門的緩和ケア 金田 美佐緒
    E. 岩手医科大学附属病院「がん患者・家族サロン」 宮本 二郎、他
    F. 地域における小児緩和ケア(悪性腫瘍以外) 南條 浩輝
     G. 小児医療に携わる医師のための緩和ケア研修
    プログラム(CLIC)
永山 淳
    H. 研究の動向 余谷 暢之、他
  3. 子どもホスピス型施設における活動の萌芽
    A. あそび創造広場TSURUMI こどもホスピス
    (大阪府大阪市)
市川 雅子、他
    B. 奈良親子レスパイトハウス(奈良県奈良市) 富和 清隆
    C.淀川キリスト教病院ホスピス・こどもホスピス病院
    ─4年間の活動実績(大阪府大阪市)
鍋谷 まこと
    D. 大阪市立総合医療センター(小児がん拠点病院・
    小児専用緩和ケア病床
    〈ユニバーサル・ワンダー・ルーム〉)
    (大阪府大阪市)
宇野 光昭
  4. 重い病気の子どもたちとその家族を支える社会活動
    A. そらぷちキッズキャンプ(北海道滝川市) 佐々木 健一郎
    B. うりずん(栃木県宇都宮市)

髙橋 昭彦

    C. 難病の子どもとその家族へ夢を(東京都中央区) 大住 力
    D. メイク・ア・ウィッシュ・オブ・ジャパン
    (本部東京都千代田区)
鈴木 朋子
    E. レスパイト施設 あおぞら共和国(東京都文京区) 小林 信秋
    F. がんの子どもを守る会(東京都台東区) 樋口 明子
    G. しぶたね(大阪市中央区) 清田 悠代
    H. エスビューロー(大阪府茨木市) 安道 照子
     I. ビリーブ(大阪府大阪市) 坂下 裕子
     J. チャイルド・ケモ・ハウス(兵庫県神戸市) 楠木 重範
    k. NEXTEP(熊本県合志市) 島津 智之
第Ⅱ部 統計と解説
  1. データでみる日本の緩和ケアの現状 五十嵐 尚子、他
  2. ホスピス緩和ケア週間 安部 奈津子、他
3. 緩和ケア関連の資料