(公財)ホスピス財団 メールマガジン「今月のお便り」 vol.20
 
柏木理事長の新年のご挨拶
今月のコラム
 
坂口 幸弘氏

関西学院大学 人間福祉学部 教授
坂口 幸弘
  グリーフ&ビリーブメントカンファレンスへのお誘い
 学問分野の専門化と細分化にともない、世の中には数多くの学会があります。たとえば心理学関連の学会でいえば、日本心理学諸学会連合に加盟している学会だけでも50団体を上回っています。私も心理学系を含め複数の学会に所属していますが、私の研究テーマである悲嘆(グリーフ)や死別(ビリーブメント)は、一部の学問領域においてのみで扱われるテーマではありません。悲嘆や死別という体験についての理解を深め、悲しみを抱えた方々への有益な支援方法や提供体制などを幅広く考えていくためには、特定の学問の枠組みにとらわれず、医学や看護学、心理学、社会学、社会福祉学、宗教学、文化人類学、教育学などを含む学際的な観点からのアプローチが望まれます。しかしながら、興味・関心が近くても、学問領域や所属学会が異なれば、研究者や専門職同士が出会い、意見交換を行う機会は必ずしも多くないのが実情です。
 そこで、異なる分野の有志が集まって「グリーフ&ビリーブメント研究会」を立ち上げ、基礎研究から臨床実践までを含めた学術的交流や教育・研修の場として、2010年1月に「第1回グリーフ&ビリーブメントカンファレンス」を開催しました。このカンファレンスは、悲嘆の理解と死別者への支援を共通命題に掲げて、学際的かつ学術的研究を促進するとともに、質の高いグリーフケアの実践と普及に貢献することを目的としています。ホスピス財団には、本事業の趣旨に賛同し、第2回カンファレンスより助成をしていただいています。研究会の世話人の一人として、紙面をお借りして、これまでのご助力に心より御礼申し上げます。
 今年度の「第7回グリーフ&ビリーブメントカンファレンス」は、2016年1月31日(日)に、関西学院大学大阪梅田キャンパスにて開催されます。今回は、宗教者、自治体、市民活動、緩和医療など、さまざまな立場や臨床場面での研究や実践活動が報告される予定です。悲嘆やグリーフケアに関心のあるさまざまな分野の研究者、ならびに各種専門職として死別者の援助に関わっている医療関係者、福祉関係者、宗教関係者、行政関係者、学校関係者、葬儀関係者などの方々の参加をお待ちしています。「グリーフ&ビリーブメントカンファレンス」の詳細については、2015年11月に開設したばかりの研究会のホームページ(http://gandb.net/index.html)をご覧ください。
 
頁トップへ

『旅立ちのとき・・寄りそうあなたへのガイドブック・・』が発行されました。
 
旅立ちのときの表紙  
 旧『旅立ち』が絶版となり、多方面から再販の要望が多く寄せられていましたが、今般 『旅立ちのとき・・寄りそうあなたへのガイドブック』が新しく制作され、出版の運びとなりました。本冊子が、旧版同様、多くの人に読まれ、死という現実に目をそむけず、死を受け入れる一助になり、人生の最後に寄りそう方々に用いられることを願っております。
  ホームページでも閲覧可能ですが、ご希望の方には1冊200円(送料込)で送付いたします。
 
詳細をみる
 
頁トップへ
第7回グリーフ&ビリーブメント カンファレンス開催のお知らせ
 
第7回グリーフ&ビリーブメント カンファレンス開催  
 死別による悲嘆の研究から臨床実践までを含めた学術交流の場として、2016年1月31日(日)に関西学院大学・大阪梅田キャンパスにてグリーフ&ビリーブメント・カンファレンスが開催されます。

・ 日 時 : 2016年1月31日(日) 11時~17時
・ 会 場 : 関西学院大学 大阪梅田キャンパス1004号室
・ 講 演 : “宗教者の立場からのグリーフケア”
・ 講 師 : 西岡秀爾氏 
        (崇禅寺 副住職 花園大学社会福祉学部社会福祉学科 講師)
・ 参加費 : 2000円(学生は無料)
・ 申込み : 不要
 
詳細をみる
 
頁トップへ
第9回 Whole Person Careワークショップのご案内
 
第9回 Whole Person Care ワークショップのチラシ  
 好評のWhole Person Careワークショップが2016年8月27日(土)に大阪で開催されます。
 多数のご参加をお待ちいたします。(第1回~9回は同じ内容です)
 
詳細をみる
 
頁トップへ
ホスピス財団ニュース 29号(2015年10月)が発行されました
 
ホスピス財団ニュース29号の表紙  
 ホスピス財団の活動を紹介した機関紙「ホスピス財団ニュース」29号が発行されましたので是非ご覧ください 。
 
詳細をみる
 
頁トップへ
 
2015年度 ホスピス・緩和ケアボランティア研修会の開催記録が出来上がりました
 
 2015年度は、奈良会場と熊本会場の2回の開催となりました。開催記録をホームページに掲載いたしました。
 
ホスピス・緩和ケアボランティア研修会【奈良開催】のチラシ  
【奈良開催】
 
■ 実施日:2015年6月12日(金)
■ 会 場:奈良県文化会館(奈良市)
■ 講 演:「寄り添うって? 聴くこと 語ることの本当の意味」
       佐藤 泰子氏 (京都大学講師)
■ 活動発表:「グループふれ愛」の活動報告
       塚野 加代氏 (四国がんセンター「グループふれ愛」代表)
 
詳細をみる
 
ホスピス・緩和ケアボランティア研修会【熊本開催】のチラシ  
【熊本開催】
 
■ 実施日:2015年7月23日(木)
■ 会 場:熊本市国際交流会館(熊本市)
■ 講 演:「輝いて今を生きる -幸せな最後を迎えさせるために-」
       山岡 憲夫氏(山岡在宅クリニック 院長)
■ 活動報告:
       淀川キリスト教病院 ボランティア 宇野 喜代子氏
       イエズスの聖心ボランティア    永田 貴子氏
 
詳細をみる
 
頁トップへ
個人賛助会費と一般寄附が、オンライン(クレジット決済)でも支払いが出来るようになりました
 
決済サービスのwebページの一部    ホスピス財団では、新しく CANPAN決済システムを導入し、ご自宅のパソコンを使用して賛助会費(個人)と一般寄附の支払いが可能になりました。郵便局や銀行へ出向く必要がなく手軽に利用できますので、是非、ご活用ください。詳細はホームページを参照してください。
 
詳細をみる
頁トップへ
ホスピス財団の新パンフレットをお分けしております
新しくなったパンフレットの表紙    一人でも多くの方々にホスピスの使命とホスピス財団の働きを知って戴きたいとの思いから、 一般の方にも分かりやすいパンフレット『私たちはホスピス財団です』を制作いたしました。 是非、ご活用ください。ご希望の方には無料で送付いたしますので、ホスピス財団へ E-MAILで、送付先、必要部数を明記してお申し込みください。
 また、ホームページにも掲載しております。
 
詳細をみる
頁トップへ
情報コーナー
セミナー関係
 
第22回日本死の臨床研究会 近畿支部大会 in 滋賀 のチラシ   第22回日本死の臨床研究会 近畿支部大会 in 滋賀

テーマ:「明日への希望を生み出す看取りを目指して」
日 時:2016年2月28日(日) 10時30分~17時
会 場:ピアザ淡海 メインホール(大津市) 


詳細をみる
映画の案内
 
ハッピーエンドの選び方のポスター   ハッピーエンドの選び方

尊厳死や認知症の問題を少しだけユーモラスに描いたイスラエル映画です。 


詳細をみる
 
ホスピス・緩和ケアに関する新聞記事の紹介
 
・ストレス低減にマインドフルネスを取り入れている企業が多くなっていること、また手軽に取り組めるマインドフルネスの実践を紹介した記事
(毎日新聞 2015/12/25 掲載)

・診療所として、ホスピスとして“最期まで自分らしく”をささえている千葉県の「花の谷クリニック」を紹介した記事。ホスピスの原点をもう一度教えられる、多くの方に読んでいただきたい記事
(毎日新聞 2015/12/20 掲載)

・認知症の入院患者をケアする認知症看護認定看護師の働きを紹介した記事
(読売新聞 2015/12/8 掲載)

・女優 仁科亜季子さんが、自らの4度目のがんにも拘わらず、笑顔で生活していることを紹介した記事
(毎日新聞 2015/12/7 掲載)

・生まれながらの難病の子どもと二人で生きている女性の日々を描いた感動的な5回特集記事であり、周囲の援助やレスパイトケアの充実が必要であることを紹介した記事
(読売新聞 2015/12/4~10 掲載)

・心のケアに関しての記事に寄せられた読者からの反響や質問への回答が記された記事
(毎日新聞 2015/11/29 掲載)

詳細をみる
頁トップへ
■このメールマガジンは、ホスピス財団の賛助会員をはじめ、ホスピス・緩和ケア医療従事者の皆様にお送りしております。また、お知り合いの方々にも転送していただけると幸いです
個人情報の取り扱いについて
■メールマガジンの受信の停止は、こちら からお願いします。
発行:ホスピス財団(公益財団法人 日本ホスピス・緩和ケア研究振興財団)
〒530-0013 大阪市北区茶屋町2-30
TEL:06-6375-7255 FAX:06-6375-7245
mail:hospat@gol.com URL:http://www.hospat.org/
Copyright(c)2014 Japan Hospice Palliative Care Foundation All Rights Reserved.