一般情報
ホスピス・緩和ケア
従事者への情報
財団紹介
事業活動について

訪問者数 :
昨日 :
本日 :
(2011年7月1日~)
これからのとき(悲嘆の小冊子)

これからのとき 大切な方を亡くしたあなたへ

2.悲しんでいるときに必要なこと

●休養
 
以前よりもっと多くの心と体の休息が必要になるでしょう。昼寝や入浴でゆっくりと体を休めたりするのもよいでしょう。また、散歩をして軽く体を動かしたり、おいしい物を食べたりすることが、生きる活力を与えてくれるかもしれません。リラックスの方法や簡単にできる気晴らしについて考えてみましょう。