一般情報
ホスピス・緩和ケア
従事者への情報
財団紹介
事業活動について

訪問者数 :
昨日 :
本日 :
(2011年7月1日~)
お知らせの詳細
2015.10.5
『旅立ちのとき』出版のご案内

 謹啓、処暑のみぎり、時下ますますご清祥の段、お慶び申し上げます。平素はホスピス財団へのご支援とご協力に感謝申し上げます。
 当財団は、死をわかりやすく解説した小冊子『旅立ち』を2002年に発行しました。絶版後も多くの方々から再発行のご希望をいただき、今回、新たに企画する運びとなりました。本冊子『旅立ちのとき』は、カナダ・ケベック州にあるSuroît 健康・社会支援センターが地域住民のために発行したものが原著です。これは『旅立ち』と同様に人生の最後に寄りそうことを具体的にわかりやすく解説したものです。
 多死時代を迎えている日本では、多くの人が病院で死を迎え、日常生活から死が姿を消してしまったと言えます。人がどのように弱り、どのように死を迎えるのかに関して、現代人は徹底的に経験不足です。一般の人々や介護関係の人々が死について学ぶことが大切になってきました。
本冊子が、多くの人に読まれ、死という現実に目をそむけず、死を受け入れる一助になり、人生の最後に寄りそう方々に用いられることを願っております。

 なお、『旅立ちのとき』はご希望があれば実費200円(送料込)にて送付いたします。詳細はこちらをご覧ください。またホームページでも下記にて前文PDFを掲載しております。

謹白

2015年8月吉日

(公財)日本ホスピス・緩和ケア研究振興財団
事務局長 大谷 正身

小冊子PDF版はこちらからダウンロード

ーマインドフルネスな癒し人をめざしてー